読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肉を食っている感100%!「東京トンテキ」の一皿が凄かった!

「時より訪れる肉を食べたい欲」

分かります。

衝動的に、お肉をガッツリ食べたい気分、抑えるにはもはや肉を食べるしかありません!

と言う訳で本日のお店は

「東京トンテキ」

さんに行ってきました! 
お名前に東京とありますが、一応札幌に店舗を構えているお店ですよ。

過去には日本のフードファイター「アンジェラ佐藤」さんが来た事があるというお店、
それなりのボリュームがあるという事でしょうか、ワクワクします。


では、早速外観を見ていきましょう。
DSC_1226_00001
 ビルの一角に入っています。

いい感じにハイカラな看板ですね~、
お店正面の扉がかなり重いので注意です。


DSC_1227_00002
看板には、メッセージがビッシリ!

「500円ワンコインで飲み放題!」
お料理は2品注文が条件、お通しが無いので余計なお金がかかりません。」

中々面白いキャンペーンも実施していますね!


では、入店しましょう~。
DSC_1231_00003
本日はカウンター席でお食事をします。

席はキッチン目の前のカウンター席と、複数人で食事ができるテーブル席の両方があります。

カウンター席はタイル状にできており、他店には無い雰囲気がありますね~、
テーブルが白色なので、お料理が美しく見える効果があると思います!

写真の飲み物は黒烏龍茶(100円)です。
脂っこい物を食べるときには、お口の中をリセットするのに心強い味方ですよ。


メニュー表を見てみます。
DSC_1233_00004
店名通り、トンテキがオススメメニューになっていますね。

グラム数で見ると200g、300g、500gが選べるみたいですね~、中々ガッツリと食べることができそう、
単品では、サラダ、一品物、デザートお酒もあります。

夜には、お酒と、お料理をご一緒に食べる、そんなスタイルでしょうか?

私も早くお酒とお料理を堪能できる年齢になりたいものです。


さて、本日は大トンテキ定食(1.350円)」を注文、
300グラムをお腹に押し込みます!
もちろんご飯は大盛りです。
(大盛り無料!)


注文して待つこと10分程....
DSC_1237_00006
かなりの肉厚ッ!!

良いスタイルしていますねぇ、5cmほど、もしくはそれ以上に分厚いのでは!?
上に程よくかかったガーリックチップがこれまたいいですね。

※ガーリックは抜きにしてもらえるみたいなので、気になる方は店員さんにお願いしましょう。

定食のお味噌汁である部分が豚汁になっているのはセンスを感じました。


では、頂きます。

....

肉を食っている満足感が凄いッッ!
DSC_1239_00007
とても肉々しいですね~、たっぷりとかかっている
お店ケチャップとオイスターソースが効いた特製のソースがとてもよく合います。

何より、ナイフを入れた時の柔らかさにはビックリ、
お肉がとても柔らかいので、簡単に切れました。

お肉は噛めば噛むほど肉汁がジュワっと出てき、脂身もほのかな甘さを感じます。
DSC_1240_00008
中がレア状態と言うのが、更にGood!
お肉本来のうまみもたっぷりと感じられます

でも、お肉だけガツガツ食べるのはキツイですよね?
ご安心を、お肉の後ろには、鬼盛りのキャベツがあります!

お肉を食べ、そこにキャベツも一緒に食べてみましょう。

ちょっぴり濃い目だったソースの味が和らぎ、ショキシャキとした食感が味覚、聴覚共に心地よく刺激してくれます。
たっぷり盛り付けてありますので、加減をせずに、がっつりと食べましょう

何より、ご飯が進む進む...


備え付けでマヨネーズがあるので、味を変えることもできます。
DSC_1241_00009
 ソースのコクと、マヨの酸味、雰囲気としては、唐揚げにマヨネーズをかけている感じ、
これで合わない訳がありません。

....

味がまろやかになってこれまた旨い!

気持ちお値段がちょっぴり高いかなとは思いましたが、それ相応のしっかりとお料理が食べられたので、十分満足しました!

客層は男性が多めですね~、
店舗の内装もおしゃれですので是非女性の方も足を運んでみてはいかがでしょうか?


まとめ 
  • かなりボリュームがあるので油断は禁物。
  • お店の雰囲気も中々入りやすいと思います。
  • ご飯大盛り無料がうれしいサービス!
  • お肉が食べたくなったら、是非行ってみてください。

↓本日のお店↓
「東京トンテキ



それではまた次回の記事にて会いましょう!

ランキングに参加してみました。
もし記事が良ければ1クリックお待ちしています!
にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
にほんブログ村